皆んな

姉と末期癌の妹はしょっちゅう会ってランチしている


と、後から知る


私も姉だけど

役ただずで


会って、私が体調を崩しても

迷惑だから誘われもしないのは分かるけど、



疎外感が否めない


なら姉と仲良くやっておくれ

私はもういいよと


嫌な感じを思う


102歳の祖母と、母の事だけやるよ!

と思う


嫌な自分がいる、、、


私が誰よりも先に死ぬリスクがある



私の事はもうなかった事にして、

放って置いて貰った方が気が楽だし



さよならしたい

日々不安定

過呼吸によるパニック障害を再発してから、


常に心臓がドクドク


脈もおかしい毎日、、


デパスが無くなったので、


彼のマンションに居候しています


でも、かかりつけ医は地元の文京区なので


車で連れて行ってもらいましたが、


その日は午前中のみの診察


なのに苦しくて起きられない


ギリギリになって、

彼に「間に合わないよ!」と言われ


頑張って支度するも、どうも脈が早すぎる。。。


デパス飲んで駐車場に向かうも、

待っている間にますます脈が早くなり


どんどん目の前が真っ暗になって来る

必死に立っているものの、


車に乗っても息苦しい


彼がコンビニに寄ると言うからお水を買ってもらい

リクライニングをとても倒して、

寝たままで一気に飲み干す。。


少し落ち着いて、病院に着きましたが

もう倒れそうな感覚が恐怖で、まだかまだか!と我慢


先生に吐き気と頭痛etcを言うと

お腹を見てくれて、少し張ってるよね、、と


水分を沢山採ったのでと告げると


そんだけ飲んで吐いて無いなら平気


と、デパスと胃薬のスルピリド、

頭痛薬のSG配合顆粒を処方してもらいました


ただ、スルピリドは抗うつ薬の様な事をネットで調べて見て、


デパスを飲んでいる私は


合わせて飲むと効きすぎている感じがして心配。。。


現に毎日毎日ずーっと眠い

(誰もいなければ何日も寝ていそう笑笑)



でもお薬に頼らないと不穏に襲われてどうにもならない、、、



もうすぐ末期癌の妹が手術入院します


私は術後に父とお見舞いに行きますが、

皆は手術当日に行くようです



行けない私は、何て奴なんだ

家族で実の妹なのに、、、


何かあったら。。。


私はもう一生後悔して、何するか分からないかも知れない


じゃあ行けよ!!ですよね、すみません


そして、お婆ちゃんの施設に2回目に行った時にやらかしてしまいました。。。


飴が食べたいと聞いていたので、持参して

職員の方に尋ねると良いでしょう!と言われたので


お婆ちゃんが「ベッドの枕元に置いておいて!」と言うので


そのまま袋ごと置いて、お婆ちゃんが寝てしまったので帰宅



その報告が家族や親戚に波乱を呼び、

機転を利かして姉が施設に連絡して、飴を閉まってもらったと聞き


102歳のお婆ちゃんに何かあったら、

私は責任なんて取れないのに

何てことしたんだろう!と


一気に怖くなり、反省し

考えや行動が浅はか過ぎて

恥ずかしくなりました




そして、お婆ちゃんに会う事も

怖くなってしまいました、、、

お婆ちゃんと妹

お婆ちゃんの施設にいきました


102歳なのに誰よりも意識や

会話などハッキリしてて

驚きました!


眠い眠いと、しきりに言うけど

看護師さんが

お茶飲んだ。ばかりなので、もう少し我慢しましょうね

言われて


談話室で、車椅子に乗ったお婆ちゃんとスッとお話ししました


いよいよお部屋に行けると言う事で、

お婆ちゃんを車椅子で押す看護師さんに付いてって


お婆ちゃんの個室のお部屋を初めて見ました。。。


広くて綺麗だけど、

何か殺風景だなあ


第一印象はそれで、、

白い壁だけが目立つ


妹は、今月末にガン入院で

何をするのか私自体、(何がどうしてなど)

細くは理解していないけれど



手術をするから、

妹の悪い所を全て取って、、、


安心な暮らしを

提供してもらいたいです





安田顕さんラブ❤️になりました

素敵